カテゴリー
Uncategorized

限界集落

山仕事の帰り道、ある家のお墓が、倒れた松の木の直撃を受けて石灯籠が破壊されている。ありゃあ!墓じまいという言葉がよぎった。

同時に、「村じまい」という言葉がひらめいた。そこで検索してみたら、あるのですね!村全体がしまうのは、まだまだずっと先だと思われるけれど、集落単位だと、そんなに遠くないうちに、これは起きる。

悲惨な最期にならないように、軟着陸できるよう、これはそろそろ考え始めていいんじゃないだろうか?だって10~20年スパンで計画しなくてはならない問題だから。

そろそろ草案が出てきてもいいよね。中山間地振興計画にも盛り込んでいいでしょう。目をそらせてないで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です